東京レッスン開催決定!

ご要望の多かった関東での「おばんざいレッスン」、いよいよ開催が決定しました。
まだちょっぴり先のことですが、みなさまにお会いできるワクワクが募って、黙ってられないので、ドンと発表してしまいます(笑)




すまや京おばんざい教室 東京レッスン開催について

「気軽に楽しむ、おばんざいレッスン」
開催日時:627日(土)1430~ 1800~  ※いずれも約2時間
場所:品川区立総合区民会館「きゅりあん」 4F調理講習室
参加費:6,500

[レッスンの内容]
京都の「おばんざい」のおはなし
京料理の基本、お精進ダシの取り方
おばんざい講習と実習


[レッスンお献立]

かしわの柚子胡椒焼き
京都では鶏肉のことを「かしわ」と呼びます。今回の「かしわ」は、京・丹波地鶏。柚子胡椒をアクセントに、さわやかな香りの照り焼きに仕上げます。




加茂茄子といんげんのゴマみそあえ
京都、上賀茂地域で栽培される京野菜の丸ナスを使うあえ物。ゴマの香りが芳ばしい、伝統的なおばんざいの1品です。


万願寺とうがらしと夏野菜の焼いたん
「焼いたん」とは、京都弁で「焼いたもの」という意味。ちょっとおもしろい言い方でしょ(笑)。
ほろ苦くてじんわり甘い京野菜、万願寺とうがらしを焼いてシンプルに食べる夏のおばんざいです。


「ちょっぴり本格派、一汁三菜おばんざいレッスン」
開催日時:628日(日)1100~ 1500~ 1900~ ※いずれも約3時間
場所:Cross Kitchen(南青山) 
参加費:10,000円(予定)

[レッスンの内容]
京都の「おばんざい」、一汁三菜のおはなし
京料理の基本、お精進ダシの取り方
おばんざい講習と実習

鱧のアスパラ巻
京都の夏の風物詩、祇園祭の頃に旬を迎える「鱧(はも)」。細かく骨切りされたフワフワの身でアスパラを巻いて、カラッとから揚げにします。揚げたてアツアツを食べられるのも、おうちのおばんざいならでは。

加茂なす田楽
京都・上賀茂で栽培される夏の京野菜、加茂なす。きめ細かく身の詰まった肉質は、焼き物にしてもみずみずしく、田楽みそとの相性もぴったり。京都の白みそで仕立てます。

万願寺とうがらしとおジャコの炊いたん
「とうがらし」と言っても辛くない、ほろ苦くて甘い京野菜のシシトウです。おじゃこと炒り煮にしたおばんざいは、京都の家庭の夏の常備菜です。

京丹波枝豆のすり流し
風味豊かで甘み濃厚な京丹波黒豆の枝豆をすり流しに。鮮やかなうぐいすいろの汁物で、夏にうれしい清涼感を楽しませてくれます。
10695178_844037065630568_660334753_n.jpg

写真は去年、お教室の生徒さん方と一緒に植えに行った京・丹波の黒豆畑の枝豆です。
黒豆と言っても、若いうちは青々として、とっても鮮やかな色なんです!

そんな、京都ならではの旬の素材のお話し、おいしい京料理のこと。みなさまに楽しんでいただけるよう、今からコツコツと準備を進めています。


東京レッスンに関するお問い合わせ、お申込みは、すまや京おばんざい教室のホームページのお問い合わせフォームからどうぞ。


すまや京おばんざい教室ホームページ

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter