【2017/1/27(金)-29(日)第5回東京レッスン献立決定!(予約受付中)】

今月頭より一般予約受付を開始した東京での出張レッスン。
大変お待たせしてしまいましたが、献立が決定いたしましたのでお知らせいたします!
参加をお悩みの方はぜひ参考にご覧ください。
 
年始ということで、おめでたい料理を集めてみました!
 
※写真はイメージです。
 

[献立]全5品を予定
◎鯛の塩釜

塩釜焼きとは、食材を大量の塩で包んで蒸し焼きにした料理です。塩は味付けのために使うのではなく、完全に密閉された中で食材を蒸して旨みを逃がさないために用います。素材の味が引き立つおもてなしの一品として、マスターしておきたい献立です。
今回使う鯛と言えば、昔から高級品とされてきました。珍しい塩釜焼きの形で祝いの場や宴席に供すれば、大変喜ばれたそうです。
◎ゆで豚の薬味醤油
お好みの薬味と醤油を合わせた特製ダレを作って、ゆで豚に添えます。
豚肉はゆでて食べることで、余計な脂が落ちてさっぱりと食べられます。
 
◎かぶら蒸し
かぶら蒸しは、すりおろしたかぶらを魚の切り身の上に乗せて蒸す料理。さっぱりとしたかぶらは、淡白な白身魚との相性が抜群なのです。
しっかりすりおろせば滑らかな舌触りに、粗めにすりおろせば食べごたえのある食感になります。
和食のおもてなし料理の鉄板です。
※かぶら=かぶです。正式名称が「かぶら」で、関東方言が「かぶ」なんだとか。
 
◎舞茸とよもぎ麩の白和え
香りと旨みがたっぷり、歯ごたえも良い舞茸に、もちもちの京生麩を合わせた白和えです。
落ち着いたよもぎ色が白い衣の隙間からのぞき、まるで冬の庭先のような彩りに仕上がります。
水っぽくならないよう、衣作りのポイントもしっかり押さえてお教えします!
 
◎昆布巻煮
「よろこぶ」から転じておめでたい食材とされる昆布。お正月のおせちをはじめ、ハレの日には欠かせない一品です。
時間をかけてふっくらと煮た昆布は旨みが増し、豊かな味わいになります。昆布の旨みをたっぷり味わえる料理です。

≪第5回東京レッスン開催日程≫
2017年1月27日(金) 19:00~ ◎(空き十分)
2017年1月28日(土) 11:00~ ◎(空き十分)
2017年1月28日(土) 16:00~ △(あとわずか)
2017年1月29日(日) 11:00~ ×(満席)
※各回3時間程度を予定

[ご参加費]
10,000円(税込)
※先払い制になりますので、お申込された方には随時お振込先の案内を差し上げます。

[お申し込み方法]
以下のお申込みフォームより、「東京レッスン参加希望」の旨をご記載の上、お申込みくださいませ。

お申込みフォーム よりご予約ください!

次回もどうぞよろしくお願いします!
もちろん、京都教室での通常レッスンも随時受付中です。
また、ご旅行で京都にお立ち寄りの際にもご参加いただけるプランもございます。下記URLのお問い合わせフォームからお気軽にお尋ねください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter