【11/20(日)「日本酒の会~新潟編~」献立の紹介】

11月ももう半ば、めっきり冷え込んできた今日この頃ですが、今週末の日曜日はいよいよ「日本酒の会~新潟編~」が開催!
まだお席に空きがございますので、気になる献立と共にお知らせいたします。
 
 
〈献立〉
◎おばんざい三種盛り
突き出しです。
 
◎冬の京野菜バーニャカウダ
バーニャカウダはイタリア料理で、アンチョビ・ニンニク・オリーブオイルを混ぜ合わせたディップソースを鍋で温め、野菜を浸して食べる料理です。今回は贅沢に京野菜をディップ!
 
◎お造り
旬のお魚を使ったお造りを用意する予定です。
 
◎風呂吹大根と生麩の素揚げ~柚子味噌がけ~
風呂吹(ふろふき)は、野菜等を大きめに切って茹でたり煮たり蒸したりしたものに練り味噌をかけて食べる、冬ならではの日本料理です。アツアツほくほくの大根ともっちり生麩に、冬らしく香り高い柚子味噌をかけます。
 
◎もみじ鯛の塩麹蒸し~きのこ添え~
晩秋にとれる鯛は、春の桜鯛よりも鱗の赤みが強いため、同じ時期に盛りを迎える紅葉になぞらえて「もみじ鯛」と呼ばれています。一年の中でも脂ののりが最高の状態だと言われていますので、どうぞお楽しみに!
 

◎かしわの柚子胡椒焼き

鶏もも肉の照り焼きに柚子胡椒でぴりっと一味加えた、おばんざいの定番。
◎コッペガニの酢の物
コッペガニは松葉ガニのメスの事で、サイズは小さいですが外子と内子があるのが特徴です。外子はカニのお腹に抱かれるように入っている、オレンジ色でプチプチとした食感のするいわゆる受精卵にあたるもの。内子はカニの甲羅側、卵巣に入っている無精卵にあたります。どちらも独特な風味と濃厚な味がすると好む方が多いです。もちろん、お酒にもよく合います!
 
◎生姜ごはんと赤だし
生姜は体がぽかぽかあたたまる上に、お酒の後に食べれば二日酔いの防止など、すっきりと酔いがさめやすい優れものです。

〈新潟の日本酒8種〉
①純米吟醸「越乃寒梅 灑(さい)」 石本酒造
②本醸造「妙高山」 妙高酒造
③純米大吟醸「越の誉」 原酒造
④純米吟醸 無濾過 生貯蔵瓶火入れ「謙信」 池田屋酒造
⑤純米吟醸「越後の蔵秘伝」 君の井酒造
⑥本醸造「月不見の池」 猪又酒造
⑦特別純米 火入れ「根知男山」 渡辺酒造
⑧純米吟醸・生詰原酒 加茂錦酒造

〈概要〉
日時:11月20日(日)18:00-20:30
場所:すまや京おばんざい教室(アクセス・交通案内
参加費:6500円(税込)
※当日、現金による支払いで承ります

〈備考〉
対象:すべての方
※会員様はもちろん、すまやにご興味のある方ならどなた様でも歓迎です!
定員:20名
持ち物:特になし
講師:日本酒ソムリエの資格を持った当教室主宰の藤田講師が、日本酒の楽しみ方をお教えします。

〈お申込み方法〉
お申込みフォーム よりご予約ください!
申込締切:11月18日(木)

★すまやへのご入会を検討されている方へ
おばんざいを習える体験レッスンもございますので、はじめての方へ をご覧ください!

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter