【12/13(火)-14(水)第111回京料理展示大会に出展しました】

先週12/13(火)-14(水)の2日間にわたってみやこめっせで開催された「第111回 京料理展示大会」に、すまやも出展いたしました。

なぜ料理教室であるすまやが出展?とお思いの方もおられるかもしれません。
現在は料理教室として活動しているすまやですが、その母体となったのは1935年に開業した京料理店「春満家(すまや)」でした。

こちらがすまやの展示です。
奥に見えるにょろにょろとした崩し字には、「春満家(すまや)」と書いてあります。
お料理もディスプレイも、おばんざいコースの藤田講師が全て一貫して手がけました。
もちろん、左奥の生け花も同様です。この生け花は今も教室に飾ってありますので、レッスンの際にぜひご覧ください。

 

近くで見るとこんな感じです。
普段教室のレッスンで作っているお料理とは、また雰囲気が違うかと思います。
すまやはお店時代から京都料理研究会に所属しており、毎年その一員として本展示会に出品しています。

会場内では名店のお弁当をお手頃価格で購入することができ、飲食スペースも終始大賑わいです。
たくさんの人が一流の味に舌鼓を打っていました。 

また、舞妓さんが登場する時間もあり、かなり至近距離で見ることができます。舞台上での舞の披露もありました。
京都の人でも思わず写真を撮りたくなってしまうような美しさです。

他店の出品を拝見すると、驚くような趣向を凝らしたものが数多くありました。
こちらは珍しい水の波紋を模したお皿に、泳ぐ魚と亀を表現しているそうです。
 
こちらは来年の干支の酉を冬瓜に施したもの。
繊細な包丁使いが目を引きます。

すまやのレッスンに興味のある方は下記URLから公式サイトをご覧ください!
平素のレッスンはお料理の基礎から優しくお教えしておりますので、どうぞご安心ください。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter